東リ バスナフローレ | 吹田市でお部屋水廻りのリフォームならお任せ下さい! | 株式会社BMA

  • 0120-394-303

    営業時間:10:00~17:00 休業日:土・日・祝日

  • 24時間受付 見積り・問合せ

ブログ

東リ バスナフローレ

img_bathna2_04

 

住宅用浴室を対象とした床シートです。

 

現在のお風呂の床が、タイルやFRP(強化プラスチック)で、滑りやすかったり、ヒヤッとするようならこの床シートをお勧めします。

 

 

これには4つのすぐれた特長があります。
1.防滑性・・・・・表面の微細な凸凹が足裏にフィットし、水に濡れても滑りにくい構造になっています。

 

2.水はけ性・・・・特殊加工によりシート表面に水玉ができにくく、表面が乾燥しやすくなっています。

 

※約2センチ四方の正方形の中が3列に分かれています。その一列にたくさんの粒々(約100個)があります。

その2㎝四方の正方形が4つ組み合わさって一つの正方形を作っています。これの繰り返しです。

この形状が防滑性や、水はけ性の効果をもたらしているようです。

特許も取得しているようです。

 

3.接触温熱感・・・素足で触れてもヒヤッとしにくく、冬場のヒートショックを軽減します。

 

4.衝撃吸収性・・・クッション性のある発泡シートですので、転倒時の衝撃を和らげます。膝付姿勢での介護も楽に行なえます。

 

※厚みは3.5㎜あります。一般のクッションフロアが1.8㎜ですから倍近く厚みがあるわけです。

発泡層も厚く、段熱効果をアップさせています。エンボスの形状と相まって、温かく感じられるのだと思います。

 

 

 

 

 

施工について
1.まずは現状の床を平滑にします。タイルの場合は東リ クイックレベラーで、FRPの場合は東リ バスナパテEPOを使用します。

 

2.接着剤は東リ バスナセメントEPOを使用します。2液型エポキシ樹脂系の接着剤です。

 

3.最後に水が入らないように端部をバスナシールSSで処理していきます。

 

※2.5㎡以下の小面積施工に便利な「バスナFA施工材料パック」があります。 レベリングから端部処理までこのセットで対応できます。

但しFRPの場合は別途バスナパテEPOが必要です。

2017.06.06