パナソニックキッチン リフォムス | 吹田市でお部屋水廻りのリフォームならお任せ下さい! | 株式会社BMA

  • 0120-394-303

    営業時間:10:00~17:00 休業日:土・日・祝日

  • 24時間受付 見積り・問合せ

ブログ

パナソニックキッチン リフォムス

前回のパナソニックリフォムス建材に引き続き、リフォムスのキッチンについて書いてみようと思います。

パナソニックのシステムキッチンはLクラス、ラクシーナ、そしてリフォムスという3本の柱をもっています。

グレード別で言えば上からLクラス、リフォムス、ラクシーナとなります。

カタログを見ますと、リフォムスはリフォームするのにこれはいいなというものを徹底して載せてあり、誰でもリフォームしたくなるような魅力を感じさせます。

例えば「PaPaPaシンク」に関してはLクラスが3ページしか掲載していないのに、リフォムスでは10ページも使ってその良さをうたっています。

リフォムスでできることはLクラスでは全てできます。

ただ、Lクラスがラグジュアリー感を前面に打ちだしていて、リフォムスは便利さ機能性を強調しているのです。

ラクシーナではいろいろと制限があって、上記の「PaPaPaシンク」などは採用されていません。

Lクラスにできて、リフォムスにできないことも多々ありますが、ほとんどがデザイン面です。

それではリフォムスが強調している魅力的な部分はどういうものなのか、見ていくことにしましょう。

 

AC161AATNXLF-PA001A001T

 

 

PaPaPaシンク

 

まずは「PaPaPaシンク」です。最大奥行き550mmの大きなものでも洗えるシンクです。

でも主眼は洗いものをしているとき以外は無駄なスペースであるシンクを、もっと有効活用しようというところにあります。

つまり、調理スペースを増やそうというものです。

サイドデッキを設け、スライドネットと組み合わせることで、従来商品に比べ、同じ間口で1.4倍に調理スペースが増えることになります。

このスライドネットは非常に活躍します。

スタンダードなシンクにも「スラくるネット」と呼ばれるものがあって、スライドネットと同じような使い方ができます。

「PaPaPaシンク」の場合、サイドデッキができたことでよりスライドネットが使いよくなったのです。

 

名称未設定-1

 

 

トリプルワイドIH・ガス

 

次に「トリプルワイドIH・ガスコンロ」をご紹介します。

3つのコンロが横並びになっている斬新な形のコンロです。

もうお馴染みの形状ではあるのですが、利点を一度整理してみます。

幅900㎜のトッププレートに余裕をもって配置されています。

三角形に並んでいるより3口全てが使いやすくなります。

コンロ手前のスペースが約16㎝とれるので、盛り付けができたり、床への油の飛散が少なくて済みます。

また二人並んでの調理もゆとりがあります。

奥にコンロがあるため、レンジフードの奥行きも小さくすることができます。

低く設置しても邪魔になりません。専用のレンジフードが提案されています。

さらには低く設置できることから、それに合わせたH900のウォールキャビネットが用意されています。

なかなか魅力的なコンロですが、さて欠点はないのでしょうか?

容易に想像できるのは横に並べるだけの幅がいるということでしょう。

コンロ部分だけで1050㎜のスペースを要します。

またサイズのこと以外に、トリプルワイドはIHであっても、ガスであってもグリルがついていないのです。

フライパンやグリルパンを使って魚を焼くという新提案もありますがどうでしょうか?

 

名称未設定-2

 

 

上記2大設備の他に、ファンのお手入れが10年間不要な「ほっとくリーンフード」

(ファンだけですよ!普段のお手入れはそれなりに必要です。)や、トリプルセンサー水栓(上センサーに手をかざすと水が出るし、食器を近づけると水が出る。さらにエコナビで節水)。

「まな板きれい乾燥機」に、こだわりのクッキングコンセント等便利なものがいっぱいです。

その他にも、いろいろなレイアウトに応じたプランが提供でき、梁欠きや既設配管にも対応しています。

まさにリフォームを念頭においたシステムキッチンとなっています。

 

 

2017.04.26